2012年05月25日

これでギターシステムは決まり

■使用アンプ
MESA/BOOGIE レクチ Roadstar
→アンプヘッド

■エフェクター
TC ELECTRONIC G-Major2
→アンプのsend/returnに接続

■セレクター
MINI AMP GIZMO
→MIDIペダルからアンプ制御するもの

■フットペダル
BEHRINGER FCB1010
→MIDIフットペダル

その他にKORGのラックチューナーやワイヤレスもラック内に収納してますが、スイッチングシステムに今は関係ないので省略。


要はMIDIフットペダルでアンプとエフェクターを同時に制御するという事です。

が、うまく行かなかったので色々と試行錯誤しました。

何がうまく行かなかったか...

@アンプのチャンネル変更時に切り替えノイズが出る。しかも結構目立つ音。

これの解消は、アンプからG-major2に送る信号を100%にしていたのが原因。
G-major2の説明書には、100%送れと書いてます。
が、通常のセオリーでは出来るだけS/Rに送る信号は少し、そしてエフェクター側のWETレベルを上げる。
というのがセオリーだと思う。
でも、G-major2はアンプの音を100%送っても音は劣化したりしないので大丈夫だ!!と書いてる。
それがちょっとマズかったのだと思う。
結果、現在はアンプからは50%程度しかエフェクターには信号を送ってない。
まあ、G-major2のプリ前段で使うべきコンプなんかは本来の良さを発揮することが出来ないかもしれないけど、基本的に空間しか使ってませんので、100%にする必要はない。

それで今は切り替えノイズが消えてるので良しとします。

もう一つ問題点がありました。

AG-major2のパッチ切り替えの遅延

それについてはメーカーに問い合わせたところ、特定のエフェクターを使用している時に遅延が発生するという回答でした。

特定のエフェクト(Phaser 及び、Univibe)のどちらか一方が選択されているプリセットを呼び出す際、遅延が発生することを確認しております。特定のエフェクト(Phaser 及び、Univibe)が含まれないプリセットでは遅延なく切り替わります。

↑そのようは回答を頂きました。

どっちのエフェクターも使用しないですのでOKです。
それにこの問題は今後のアップデートで改善されるはずです。多分。


この2つの問題を解決したので、自由に充実した空間エフェクターをアンプの各チャンネル毎にプログラムして使用することが出来ます。

このシステムの中心となるのが、



↑これ、MINI AMP GIZMO です。
これがMIDIデータを受信し、各社アンプのスイッチ切り替え信号を出力します。
もちろん、GIZMOにはMIDIスルー端子があるので、MIDIフットコントローラーからの入力したMIDI信号は、そのまま他のMIDI機器に送ることが出来ます。
これの一番の難点が、専用ケーブルを使用するということろです。

mesaのロードスター、ロードキング等は一番高いケーブルを使用します。
実際、10,000円くらいしました...orz
なので、是が非でも使いこなしたい思いが強いです。


DJ機器なら何でも揃う石橋楽器店へ!


posted by 絵乃@櫻組 at 23:43| 秋田 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

自作ネタ...

右のメインコンテンツにあります「色々なトゥルーバイパス」、中にある図面が間違っていたので修正しました。

現在は修正済の図面となってます。

さて、自作ネタ...

今考えているのが自作MIDIフットスイッチです。

実際に実用性ある物をこれからは作りたいと思います。
自分の勉強の為に、直接関係なくても知ることは大切だ!!というのは分かってますが、色々と面倒なので、やめときます。。。

まずはMIDIフットスイッチを作ること。

16F88を使う。
とりあえず送信だけ。
チャンネル固定で10くらい信号を出したい。

モメンタリーSWを10個、アルミケース、これだけで、なかなかの金額になるなぁ...
ま、今はギターとかバンド中心になってるので、期日は無期限ということで考えようか。
posted by 絵乃@櫻組 at 15:41| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

LEDチカチカ

さっそくPICの実験です。
定番ですね、LEDの点滅。



点灯は無限LOOPにて出力しっぱなしでOKですが、0.5秒間隔で点滅させるには、知識+アイディアが必要になります。

自分の勉強しているHPはこちらです。


素晴らしいです。

posted by 絵乃@櫻組 at 23:53| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶり過ぎる更新

こっちのブログは相当久々の更新になります。

現在、バンドHPのブログ、mixi、モバ、GREE、4つブログを書いています。毎日すべて更新は厳しいですが、バンド活動が中心の内容ですが、頑張って更新しています。

現在は自作エフェクターはほとんどゼロ、いや完全にゼロですが、ずっと気になっていたPICマイコンに手を染めました。
もっともっと勉強して、夢の機材(笑)を作ることが目的です。

ということで、こちらのブログは工作中心の話題で更新していこうと思いました。
PICの記事がまとまったら特設ページを作りたいとも思ってます。

あ、ちなみに自作エフェクターは現在ゼロでも、修理やシールド等の簡単な作業はやってますねv(=∩_∩=)

櫻組(バンド)HP
http://sakuragumi2008.web.fc2.com/


mixi、モバ、GREEで「櫻組」または「絵乃」で検索すればヒットします。

そちらもよろしくお願いします。
posted by 絵乃@櫻組 at 12:38| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ワイヤレス送信機の固定

PGX13送信機の固定ですが、正面からはこのように見えます。

090709_2116~01.jpg

裏側はこんな感じ。
090709_2117~01.jpg

そしてどうやっているかというと、下の写真のように、マジックテープと送信機に付いているクリップみたいなやつで固定しています。
090709_2117~02.jpg

自分はPRSのストラップを使ってますが、写真の用に送信機が付く場所が細いです。
ESPから発売してます、送信機ホルダーの購入も検討しましたが、使用しているストラップの長さ調整がバックルにての調整ではないため、ESPのホルダーは上手く使えないと思い、自作に至りました。

送信機からギターに繋がるジャックはL字にし、同時にシールドの長さも変更し、かなりスッキリ収まってます。

3枚目の写真で分かるように、ストラップ側と送信機側にマジックテープ貼る訳ですが、ストラップ側はマジックテープを縫い付けてます。
そうしないと不安でしたので。
PGX13を使用してのライブを3回行いましたが、送信機が取れるトラブルはありません。
結構動き回ってもジャンプしても全く落ちないので、私は当分これで行くつもりです。

BASSISTさん、送信機と楽器の接続している所というのはジャックの部分でしょうか?
それと送信機を固定するのが面倒であれば、サムソンのワイヤレスが良いと思います。
実際にライブで使用しているギタリスト、ベーシストの評判も良かったですよ。
参考になれば幸いです。

posted by 絵乃@櫻組 at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

PGX13検証

検証というほどではないですが、録音してみました。




0:00シールド(クリーン)
0:15ワイヤレス(クリーン)

0:30シールド(歪み)
0:48ワイヤレス(歪み)

1:05シールド(歪みソロ)
1:38ワイヤレス(歪みソロ)

結果、ラインでやると結構違いが出ます・・・
基本的に細くなるというか、若干ですが音量が低くなるように感じます。ほんの若干ですが。

明日、スタジオなので、今度は大音量ではどのようになるかを確認したいと思います。

でも、この程度なら全然問題ないのでは、と思います。
posted by 絵乃@櫻組 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

SHURE PGX14到着

090324_1752~0002.jpg
来ました来ましたヽ(°◇° )ノ
ハードケース付きってのは嬉しいです。

090324_1753~0001.jpg
受信機。小さい。

090324_1754~0001.jpg
送信機。これはこんなものなのか。

090324_1912~0001.jpg
エフェクターと一緒にエフェクターケースにも余裕で入ります。
これは助かります。
っていうかこれが目的でこのワイヤレスを選んだところもありますが。

肝心の音についてですが、後日音源付きで記事UPしますが、使ってみた簡単なインプレッションは、、、
シールドと全然区別がつかないです。
距離は1m位しか離れてませんが。
それにしてもまったくシールド使っているのと変わらない。
クリーン、ディストーション、まったく問題ないです。
それどころかハイゲインのドンシャリサウンドも音が細くなる、ノイズが出るという事は無かったです。
取り合えず送信機側のジャックをL型のスイッチクラフト製に付け直しました。

posted by 絵乃@櫻組 at 20:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

SHURE PGX14

ついに買ってしまった、ワイヤレス。

結局はシールドに戻ってしまうかもしれませんが、気になって気になって・・・

一応、ネットで評価が良く、値段もそれなりのSHURE PGX14にしました。

こちら

本当はサウンドハウスで安く買いたかったんですが、S村楽器が一生懸命頑張って安くしてくれたので、S村楽器にて購入。
まだ、物は届いてません。
明日か明後日あたりに来るみたいです。

ネットでの評価は音も細くなる事無く、ノイズもOKということで、下手な安シールド使うよりずっと良いということでした。
あと素晴らしいのが、送信機の電池が単3電池2本ということです。

楽しみ〜(◎⌒○⌒◎)
posted by 絵乃@櫻組 at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ワ・イ・ヤ・レ・ス

欲しい。

最近のは音が細くなるとか、そんな心配はいらないのだろうか?

どうして必要となったか、、、
ライブで最近は動くようになりました。
以前はほとんど動かなかったんですが、動いた方が楽しいので。
しかも狭いステージであればあるほど、シールドが邪魔になってしまいます。。。
ちょっと余裕があったらワイヤレス導入してみようかと企んでます。
posted by 絵乃@櫻組 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

DAWにハマる

かなり遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

正月期間中も自室にてPCと戯れる時間が圧倒的に多かったです。
バンドのデモCD作りが目的ですが、それに伴う事の勉強をしてました。
ホント無知な人間だったな〜と痛感。。。
例えばコンプレッサーの使い方。
コンプレッサー、ギタリストが使う目的としては粒を揃える、音をパキパキにする、サスティーンを稼ぐ、、、などが挙げられますが、それは結果的にそうなるのであって、コンプレッサーの設定値の意味など全く知らないで使っていた自分が恥ずかしい・・・
ディストーションやディレイと言った、一目瞭然なエフェクトと違い、コンプはそれほど目立った変化は無いというのが、難しさの一つだと思います。
正月から「な〜るほど〜!!」という事が沢山です。

posted by 絵乃@櫻組 at 09:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

メロダインとEZドラマー

081224_2058~0001.jpg

メロダインPLUGIN

EZドラマー

EZドラマー拡張キット(FROM HELL)

一気に昨夜届きました。

使い方そのものはそんなに難しくは無いのですが、自分のようにバンドのCDを作るのを目的であれば、この2つがあればかなりクオリティーの高い、言い換えれば、実力以上の音を収録したCDが出来てしまうという、犯罪的なソフトだと思いました。
使いすぎはダメです。

VSTプラグイン(もちろんフリー)で最近良いと思って使ってるのがあるんですが、

@C3 Multi Band Compressor
c3multibandcompressor.gif

その名の通りです。
最近コンプレッサーやリミッターについて色々と調べてますが、結構使いやすく分かり易い。

SONARに内蔵しているコンプもあるのですが、分かりづらい。
使えれば良いのでしょうが、私は上手く使うことが出来ないので、今は使ってません。

ALinearPhaseGraphicEQ
lpgeq.gif

これも最近知った物ですが、見ての通りグライコです。
これもまたSONARにも標準でグライコがあるのですが、リアルタイムでの変化が確認出来ないので、使ってません。

すべてに言える事ですが、使いすぎ、エフェクトの掛け過ぎは良くないですね・・・
posted by 絵乃@櫻組 at 10:56| Comment(5) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

DAWソフトとプラグイン

前から欲しい欲しいと思っていた物を購入。

dfh EZ drummer

これ、今買うと拡張ソフトが1つ無料でもらえちゃうんです。
なので、もちろん、DRUMKIT FROM HELL(メタル系)を選択。

そしてこれも前から検討していた、MELODYNE PLUGINです。

メロダインはUNOかPLUGINかで迷っていたんですが、オヤジさんのアドバイスもあり、値段が高い方のPLUGINを選択。

この2つで今以上のデモ曲の制作をやりたいと思ってます。
正月にハマりそうですね。

1月のライブの時に配布するCDを作るのが最優先です。
どう考えても初めての生ドラム録音で上手く行くとは思えず、EZ drummer導入を決意。
ドラム録音は時間を見て、ゆっくりやりたいです。
posted by 絵乃@櫻組 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

MTR

16.jpg
バンドの音源を作りたいと思い、色々と考えてます。

これが手元にあります。

zoom HD16

これの魅力は、この値段で8ドラック同時録音が出来る。
一度やってみたかった生ドラムの録音。
生ドラムの録音のマイクセッティング、各種エフェクターなど、出来る限り勉強してますが、なかなか「これ!」と言った事が見つけれず、最終的には個人的な好みで仕上がりそうです。
今まで所有していたMTR、トラック数が多くても同時録音が4とかが限界でしたので、このHD16はかなり魅力的なMTRです。

何かドラム録音、またはHD16についての情報がありましたら、教えて頂ければ助かりますo( _ _ )o


posted by 絵乃@櫻組 at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

冷却機能をDSL401に

先日、スタジオ練習の時にDSL401を使用した際、あまりの発熱具合に恐怖を感じました・・・箱の中の熱気を外に逃がしたい。
ということで、改造しました。
081121_2150~0002.jpg
上部の4つがパワー管、それを直接ファンで冷却したいです。
冷却用に2つのファン、そして排気用として1つのファン。
081121_2145~0001.jpg
合計3つのファンが搭載されます。
頑丈なアルミボディーはなかなかの重量UPで困ります。

081121_2227~0001.jpg
このように組み直して完成です。
トグルスイッチにてON/OFFを行います。

ファンの音、微妙です。
静かと言えば静かですし、PC用の静音ファンよりは煩い。
最悪、排気の1つだけでも良いかな、と思ってます。
何も無いよりは全然良いでしょう。
これでまたこのアンプが好きになりました。
明日、色々とテストしてみようと思います。

posted by 絵乃@櫻組 at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

アンプの発熱

先日、スタジオにてDSL401にLINE6の300Wキャビネットという組み合わせで、どのくらいの音量が出るのかをテストしました。次のライブはアンプからの音がすべてになるので、音量はデカイ方が良い。

評判どおり、40Wのフルチューブアンプとはこんなにも迫力ある音を出してくれるのか!!と思うほどパワフルでした。
しかし、、、
アンプが凄い発熱!!
真空管からの熱はシャーシに伝わり、回りの箱まで熱が伝わってます。

ということで、冷却用にファンを増設してみようと思います。

コンボアンプだけに箱の中は熱気でムンムンしてます。
その中を強制吸排気するだけで結構なクーリング作用があると思います。
まだライブまで1ヶ月弱ありますので、ゆっくり作業をしたいです。
posted by 絵乃@櫻組 at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

ベース用A/Bセレクター

バンドでドロップDの曲が2つありまして、ライブでギター(ベース)を変える作業があります。
自分はXT-liveのチューナーモード(ミュート)にしてギターからプラグを抜いて交換できます。
ベースも自作のA/Bセレクター(FatBoost内蔵)を使ってました。
しかし、フットスイッチのバッチンノイズが凄いのなんのって・・・

フタを開けてみてちょっとビックリ、なんでこんな配線しているんだ〜!!と思う配線でした。
機械式のスイッチなので、ノイズゼロは難しいと思いますが、以前、松美庵さんからアドバイス頂いた、GNDに落とす方に51Ωの抵抗を経由させる方法と、その他の対策をちょっとやってみようと思います。
今のスイッチングノイズはスピーカーの寿命を確実に縮める程ですから何とか対策をしなきゃ!!
まずはスイッチの交換だな、使っていないFXから移植させてもらうか。


posted by 絵乃@櫻組 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

JC90でメタる?!

2008102619050000.jpg
ごめんなさい、アンプの下にマイクを挟んでしまいました・・・
ボコボコのマイクなので良いか・・・

アンプスタンドだと耳がキンキンするし、床に置けば低音強すぎるし、アンプにキャスターは付いていないし・・・

この高さ、傾きが凄く良かったので(⌒▽⌒)

JC90にXT-LIVEを普通にインプットからの入力ですが、抜群に良い。
死にかけたマーシャルはやはり修理もされてなく、死にかけたままの状態だし(;へ:)
XT-LIVEは使用するアンプの種類によりパッチ全体の音色を調整できるので、どのアンプでも結構良い音にする事が出来ます。
ドンシャリ気味もかなり良い。
今後はJCを使うことにします。

それにしてもJCのクリーンは凄い綺麗だ(⌒▽⌒)


posted by 絵乃@櫻組 at 10:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

スタジオ練習

今夜はスタジオ練習です。

久しぶりにコンパクトエフェクターでスタジオに入ろうと思ってます。
核となるサウンドは、、、やっぱりマーシャルサウンド全開の自作shade masterです§( ̄ー ̄)§
昨日自宅でエフェクターボード内を整理しながら音を出してみたんですが、安定してますね、マーシャルサウンドは。
でも、今日はMI AUDIO CRUNCH DISTも使ってみようと思います。
最近、自宅ではずっとこのディストーションです。


posted by 絵乃@櫻組 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

マーシャルサウンド・・・

高校生の時、1ヶ月働いたバイトの給料を全額使ってマーシャルのプリ部に12AX7を使ったコンボアンプを買いました。80ワットのコンボアンプです。
その頃からず〜っとマーシャルサウンドを好んでましたが、そろそろ嫌気が(-^〇^-)
嫌じゃないんですが、王道過ぎるんですよね。
基本はドンシャリなメタルサウンドですが、マーシャル以外の音を探してみようかと、思ったりもするんです。
posted by 絵乃@櫻組 at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

10月12日のライブ模様

先日行われたライブのレポートが、サンダーさんのブログで紹介されてます。
上手く撮影して頂きありがとうございます。

あ〜ライブやりたい(-^〇^-)

posted by 絵乃@櫻組 at 14:12| Comment(6) | TrackBack(1) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。