2008年05月16日

ちょっとした落とし穴・・・

SD9は無事に音出し確認しました。
夜中だったので、音が出ること、つまみがしっかり効くことしか確認できません。音色がどうだとかは後日です。

さて、GGGのレイアウトをユニバーサル用に改良し、作ったわけですが、2SC1815、レイアウト図の通りに付けるのはNGです。
1815_0516.jpg
レイアウト図通りに作るのであれば、上記の図のように足を曲げてあげる必要があります。
その辺を確認せずに作ってしまいました・・・

GGGさんのレイアウト図からエフェクターを作ったの初めてでしたので、今後注意したいところです。

トランジスタやFETは使用する都度、データシート確認が必要になりますね。勉強になります。
posted by 絵乃@櫻組 at 09:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ソニック・ディーストーション(SD9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ユニバーサルは楽しい、けど、

昨夜からゆっくりユニバーサルで作り出してます。SD9。
なんで今更SD9なのかは、自分でも良く分かりませんが・・・

080514_2229~0001.jpg

080514_2229~0002.jpg

パーツの足だけではちょっと足りないので、ちょこっとスズめっき線で付け加え、昨夜、基板そのものは完成させました。
今夜はスタジオなので、作業できるか分かりません。
まあ、ユニバーサルなので、一発で鳴るとは思ってませんので・・・

今日のスタジオは最近お気に入りのMI AUDIO クランチディストを大音量で鳴らせるのが楽しみです。
posted by 絵乃@櫻組 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニック・ディーストーション(SD9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ユニバーサルで作る

ちょうど、わらしべさんのブログでも同じような記事がUPされてますが、自分のユニバーサルでの自作方法を書かせて頂きます。

自分は、ただでさえミスが多いので、ユニバーサルでの自作は確実性を重視してます。
まず基板パーツ面にパターンを書きます。
080514_1007~0001.jpg
しかもパーツの場所も赤でマーカーします。
出来上がりの見た目はユニバーサルでの場合はあまり考えないです。。。
基板サイズも楽にパーツが付けれて、パターンが出来るだけ確認しやすいようにしています。

基板はガラエポを使用します。
透けて見えるからです。
基板裏面(パターン面)にもパターンを書きます。
080514_1008~0002.jpg

基板の表、裏ともパターンを書いたら、光に透かしてみて表裏書き忘れ、間違いが無いことを確認します。
あとは、不要な部分を金ノコでカット→ヤスリがけして完成。

写真はソニック・ディストーション(SD9)です。


posted by 絵乃@櫻組 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニック・ディーストーション(SD9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

やはり自作したい・・・

バンドやギター練習は毎日行っていますが、やはり自作エフェクターもやりたい!!というのが本心です。
なので、パーツを注文しました(◎⌒○⌒◎)

1枚だけ手元に残っているOVD−1の製作。
いつも使いっているコンデンサーではなく違う物を使ってどのように変化するかを確認したいと思ってます。
それと、かなり以前に作って失敗したSONIC DISTORIONの製作。
リベンジの意味も含めユニバーサルで作る!!
結構ユニバーサルだと自分の技量では厳しいところがあります。

SD−9、参考サイトはGGGで行きます。
レイアウトも出来ていますので、それをユニバーサル用にちょっと変えれば問題ないかと思われます。

こちらのサイトの回路図と若干違ってます。
インピーダンスが違ってしまいます。
GGGの回路図の方はハイ・インピーダンスということになります。
サウンドクリエーターの為の・・・を読み直して復習してみます。


posted by 絵乃@櫻組 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニック・ディーストーション(SD9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。