2007年07月28日

これは良いかも!!ガバヌフ!!

ガバヌフ・・・

それはガバナー+ビッグマフのトーン回路で構成されたエフェクターです。
詳しくはゴリさんのHPを見ましょう。

070727_1923~01.jpg

このエフェクターはオーバードライブから超ハイゲインディストーションまで、非常に広い範囲のサウンドを出すことが出来ます。
でも、ハイゲインが気持ち良いです。

ツマミは左からGain Tone Level
トグルはダイードの切り替え(2:1ゲルマと1:1シリコン)とコンデンサーと抵抗の切り替えです。
んで、一番のポイントが左側面にある、ツマミ。
名前はBODYとしましたが、これをいじると音量、中音域、質感・・・などなど一言では言えない変化をしてくれます。
後日この辺の変化具合が分かるようなサンプルを録音したいと思います。このBODYの説明はゴリさんの掲示板で詳しく書いてますので、参照してみて下さい。
久々にこのディストーションはクセのある音が出るので凄く良いです。王道ディストーションはShade Master3に全部お任せですので、クセのあるエフェクターを最近は作りたいと思っているところです。
まあ実際にバンドで使うのはShade Master3のマーシャルサウンドになってしまうんですが・・・(o^-^o)


posted by 絵乃@櫻組 at 11:41| Comment(5) | TrackBack(0) | ガバヌフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。