2007年05月21日

信頼性のあるエフェクターに!!

やはりお気に入りのエフェクターはどんな時も正常動作しなきゃ困る!!特にエフェクターボードの常連エフェクターは。
っていうことで、スタジオで接触不良が起きたのをきっかけに、お気に入りエフェクターの点検、保守を行ってみました。

(結局、接触不良の原因はシールドのハンダはがれ・・・)
↑エフェクター関係ないじゃん!!


エフェクターボード常連、しかも急いで作ったということもあり、
Solo Performerは要点検!!
2007_0521_01.jpg

2007_0521_02.jpg
これのアウトプットジャックを交換。一度接触不良で接点復活剤で誤魔化した事アリ。
全体の配線材のやり直し、などなど、メンテナンスを実行し、動作確認OKで、メンテ終了。
電源の線と信号線も可能な限り離したかった・・・


エフェクターボードを運ぶ時の振動や衝撃により、スタジオに着いたら「鳴らない」なんて恐ろしいですね・・・

今夜、バンパーさんのゲインソーサーの小型版のプリント基板を仕上げようと思ってます。


posted by 絵乃@櫻組 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Solo Performer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

手抜き回路図・・・

Solo Performerの素材(画像ファイルしか無い)が手元に無いので・・・
一応簡単に回路図を書いてみました。手抜きで大変申し訳ありません。後日、清書致します<(_ _)>
ってか、これであってるのか〜?
solo20070429.jpg
posted by 絵乃@櫻組 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Solo Performer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これでエフェクターボードは決まった〜

solo.JPG
実験的に使っていたんですが、ちゃんとケースにいれてエフェクターボードに入れました。
SOLO PERFORMERと名づけましたが、要するにソロ時にボリュームを若干上げて、LOOPされているエフェクターをONにする、だけの事です。
内臓ブースターはやはりFatBoostにして、音量を上げたくないときの為にFatBoostのOn/Offスイッチも取り付けました。

FatBoostの調整は半固定抵抗で、エフェクター上部に空いた3つの穴から小さなドライバーで行います。一度決めちゃえば変更しなくて良いと思ったので。
FatBoostのTONEで、当然音色が変わりますが、全体の音量を決める時、GainとLEVELの比率(割合?)でも随分変わります。
Gainを大きめにLEVEL低めだと音は高音寄り、逆だと低音寄りになりました。
そんなことで、エフェクターボードはこのようになりました。
これは当分変更は無いな。
fxbd20070429.jpg.JPG

posted by 絵乃@櫻組 at 13:11| Comment(5) | TrackBack(0) | Solo Performer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

実用的なエフェクターとして

今、どういうFXが必要か?と考えれば・・・
松美庵さんの掲示板でもスレ上げましたが、ソロの時に一踏みでボリュームをUPしてディレイを掛けたい。
ただそれだけ。
要するに1LOOP BOXの中にブースターを入れちゃえ!!って事です。
しっかり音量だけUPさせるには、空間系の後ろ(一番後ろ)に繋げば素直に音量だけUPさせる事が出来る。
松美庵さんい教えてもらい、超感謝です。知りませんでした。

構想中の画像はこんな感じ。。。

soloperformer001.jpg

ブースターはクリーンブースターとして評価の高いFatBoost(ノーマル仕様)、調整ツマミは半固定にして、外部から小さなドライバーで調整出来るようにしたいです。
毎回毎回いじる箇所ではないと思うので。
それにFatBoostのOn/Offのスイッチ。
音量上げずにディレイONもありえるので。

すでに仮のケースに入れて試しましたが、大変気に入りました。
音量だけではなく、GainとLevelの組み合わせで音に艶が出たり、Toneの調整で音のキャラが変わってくれる。
ブースターも後ろに繋げばこのようになるんですね。

これ作ったら、新規のFX自作はちょっとお休みします(o*。_。)o
プリント基板は結構たまってますが・・・

posted by 絵乃@櫻組 at 12:08| Comment(4) | TrackBack(0) | Solo Performer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。