2008年06月09日

チャンプ完全完成

ようやくチャンプが完成しました。ケースも。
080609_1314~0001.jpg

080609_1045~0001.jpg

080609_1048~0001.jpg


完全自作のケースになります。
Lアングルとアルミメッシュを使い本体を囲いました。
取り外しも簡単ですし、中もちゃんと見えてルックス的にも気に入ってます。
実は職場のそういうの得意な人との共同作業です。
ちょっとバランス的に上部(メッシュ部分)が大きくなりましたが、真空管の事を考えると仕方ありません。
ようやく完成してホッとしています。
さて、次はゴリさんのG−Zoneかな(⌒▽⌒)
posted by 絵乃@櫻組 at 13:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

チャンプ改

080605_2023~0001.jpg

アンプの事で大変お世話になっている山梨さんに色々と相談、アドバイスを頂き、チャンプを改造しました。

正面パネルはインピーダンスの異なる2つのインプット、ツマミはTREBLE,BASS,LEVELの3つ、ここまではノーマルの状態ですが、スイッチを付けてブーストモードなるものをつけました。
ブーストモードにすれば、トーン、NFBがカットされるように配線しています。
080605_2013~0001.jpg
フェンダーのトーン回路は結構減退しちゃいます。
この改造でどの程度減退するのかも分かりました。

さて、そろそろチャンプの化粧箱を作らないと。。。

posted by 絵乃@櫻組 at 08:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

やっとチャンプに納得

ようやく納得の行くチャンプが出来ました。

前に出来てはいたんですが、色んなトラブルに遭遇して、ここまで時間が掛かってしまいました。
080531_2102~0001.jpg
080531_2102~0002.jpg
↑パーツのレイアウトは以前とまったく一緒です。

変えたのは・・・
080531_2107~0002.jpg
中の配線です。配線の取り回しを直しました。
12AX7の7ピン(グリッド)からVRに繋がるところを周りの線に触れずに行うことにより、シールド線を使うことなく、ノイズレスなアンプになりました。
それだけでは無いと思いますが、信号線に関して周りの線に触れずに配線をやり直し。
電源、アースはシャーシの底面にラグ板に挟んで固定。
だいぶスッキリしました。

posted by 絵乃@櫻組 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

やり直し!!

080529_2331~0001.jpg

ここ数日、自作アンプでお世話になっている山梨さんとメールのやり取りを行い、色々な勉強をさせてもらい、チャンプを今出来る自分では最高な状態と思われる手段で作り直してます。
目標は安定してノイズの無いアンプを作ることです。

昨夜はパーツ、全てを外し、製作を進めました。
気が付いたら午前2時・・・( ´△`)
まだ風邪が完治してないのに・・・
posted by 絵乃@櫻組 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

一応鳴ることは鳴る・・・

070810_0715~01.jpg

まだまだ問題はあるのですが、一応鳴ります。
上の写真が現在の状態です。
予定としてはこのアンプに木工作を施します。正面はメッシュにして真空管が見えるようにやりたいです。

070806_1937~02.jpg
これが最初の状態ですが、インプットジャックと電源スイッチの位置を交換です。

12AX7のグリッドラインがジャックから遠いので、ノイズが乗ります。
AC100Vラインも出来るだけ短く、他の配線に触れない様にする。

普段、エフェクターを作っている時はそんなに気にしなかったのですが、アンプだとモロに影響します。

今回もこのアンプリメイクには山梨さんの協力を頂いてます。
お陰で沢山勉強になることが沢山あって、毎日毎日勉強しているようで、トラブルも良い勉強材料になります。まだ感電してないしね!!
posted by 絵乃@櫻組 at 08:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

不具合発生・・・

070806_1937~02.jpg
FENDER CHAMP、アンプ部分とキャビ部分を分ける作業。
昨夜、音だしはOKで一安心(*^-^*)>

しかし、不具合が発生しました。
ノイズです。。。
ご覧のように意識して配線はしたものの、出来上がりはヒドイ配線・・・
070806_1936~01.jpg

鳴らない、ヒューズが切れる、などのトラブルも途中発生し、帰宅後汗だくになりながら作業していました・・・
今夜も汗だくになりながら作業します・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

posted by 絵乃@櫻組 at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

作り直し開始

自作真空管アンプ「フェンダーチャンプ」の作り直しを昨日から開始しました。

メンテナンス性や今後のMODなどなど、アンプ部分を余裕のある弁当箱ケースに入れる作業です。
シャーシは・・・「リード」というメーカの「P-11」という製品です。サイズは30*70*180なので結構余裕があります。
値段が2,000円!!これは安い!!
ホームセンターで2,500円のアルミ板を買ったんですが、即返品しました。
3,000円〜5,000円は覚悟していたので、凄く良い買い物をしたと思っています。

080801_amp01.jpg
やはり穴あけはキツイですね。
特に6V6と5Y3用の穴は27ミリ穴を開けます。
トランスの四角形もキツイですが・・・
ステップドリルの限界まで円を広げ、そこからはドリルの先をヤスリに変え、ひたすら削る!!

080801_amp02.jpg

今回はゆっくり丁寧に作ることを意識していますので、昨日は電源関連部分をやって終了です。
posted by 絵乃@櫻組 at 08:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

手直し

070730_2250~01.jpg
自作フェンダーチャンプ、やはりコンボタイプだとメンテナンス性が悪いので、アンプ部分とキャビネット部分を分けることにました。

とりあえず、キャビネット部分を縮めました。
これも職場の木工好きな仲間と一緒の作業です。

キャビが出来たので、アンプ部分です。
アンプ部分は、ちゃんとしたシャーシを用意して、穴あけからやり直します。
配線も必要以上に電源部分に太いケーブルを使ったり、見た目が汚かったり・・・と、改善するべき箇所が多々ありましたの、やり直し。
この作業はそんなに急がず進めます。

それよりバンドで使用するためのエフェクター(KORG OVD−1を2つ)製作を急ぎます。

TD7-10-3でOVD-1製作します。
マルマツパーツさんに初めて注文しました。
納期はどうなんだろう。。。早く来い!!
posted by 絵乃@櫻組 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

コンボアンプになった

20070220001.jpg
ようやくコンボアンプになりました。
よく収まってくれた〜。
20070220002.jpg
裏側は真空管がほのかに赤〜く、結構熱が出ている。

20070220003.jpg
フェンダーアンプにはクランチが似合います。ハイゲインは・・・
結果、SD−1(MOD)とドライブン・サスティーナーが良いと思いました。

さて、一段落付いたので、部屋掃除です。
次はバンパーさんのシェマス3です。

posted by 絵乃@櫻組 at 09:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

収めるためには!!

amp0219.jpg
このようにしないとポットが納まらない!!
シャーシがスライド式ってのがマズかった(≧ヘ≦)
普通の弁当箱なら底フタ外して簡単に・・・だったんですが、元々のコンボアンプに収めるにはこれしかない!と判断し、決行!!
posted by 絵乃@櫻組 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライブン・サスティーナーと自作アンプ

この相性がめちゃくちゃ良い事に昨夜気づきました。
近いうちにサンプル音源をUPしたいと思います。
ストラトがジャキジャキで、それでいて耳障りじゃない。
最近ストラトを購入されたえでいさんに試して欲し〜な〜って勝手に思っています。
ぴースケさんのエフェクターって、かなり良い。
コストパフォーマンス抜群ですね。(キットを買ったことないですが・・・)
posted by 絵乃@櫻組 at 08:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

Fender Champ AA764 鳴った〜(@^▽^@)

ようやく?でもないか、自作アンプ1号機(Fender Champ AA764)が完成しました。ので、簡単ですが記事にしてみました。
こちら、または左のコンテンツからご覧下さい。
記事を書いていて、松美庵さんの大変さが分かりました。
こりゃ大変な作業だ、記事作りって(*-゛-)
レビューとかそういうのは後ほど・・・
posted by 絵乃@櫻組 at 09:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

穴あけと収まり

箱に収めたときにどうしても真空管がスピーカー部分にあたる・・・
山梨さんのレイアウト通りに出来ませんでしたが、場所をちょっと変更し、なんとか収まるところを見つけました。

070210_1336~01.jpg
先走って箱に入れて収まりを確認!一安心(^。^)
070210_1337~01.jpg

この面にパーツが沢山付くんだな〜・・・
070210_1321~01.jpg


posted by 絵乃@櫻組 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

自作アンプ、現在は・・・

この自作アンプ製作は、自分でも初めての試み、しかも危険、ということで、特設ページを作ることにしました。製作中です。
とりあえず現在の様子を(*^ー^)ノ~
tube_amp20070207.jpg
posted by 絵乃@櫻組 at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

トランス到着

070203_1350~02_001.jpg電源トランス、重い…電源トランスと出力トランス、ノグチトランスさんから今日届きました(^o^)10000円で〜す(^_^;)
後は来週末指定のギャレットさんのパーツが届いたら製作開始です。
問題はシャーシにトランス、真空管などの穴開け作業ですね。
数ワットの真空管アンプですが総パーツ代は30000円位になりそうです…やっぱりアンプは高いなぁ〜(*_*)
posted by 絵乃@櫻組 at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

パーツ代が・・・

自作真空管アンプは、思っていた通りパーツ代が高いです・・・
なかなかの授業料です。

さきほどGarrettaudioさんに注文しました、そしてノグチトンラスさんにも注文しました。
まあトランスは仕方ない!と思いますが。。。
これで感電して製作を断念してしまったらバカ臭いっすね。

一応、参考にさせてもらっているHPにはレイアウト図があるので、製作はかなり楽(?)だと思いますが、自分なりにレイアウト図を描いてみようかと思ってます。

製作開始は2月中旬だな。
posted by 絵乃@櫻組 at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

準備と勉強

今日も仕事しながら真空管アンプについて勉強をしています。
周りからは仕事しているように見えるでしょう(o^-^o)

さて、製作予定のアンプは「フェンダーチャンプ MODEL AA764」です。
こちらを参考にさせて頂いております。
作者さんにもメールにてその旨を伝え、快くブログ公開OKの返事を頂きました。同時にアドバイスもお願いしています(*^ー^)ノ~

エフェクターの回路すらロクに読めない、そんなので真空管アンプなんて作れるのかどうか今から心配ですが、最低限の真空管アンプの基礎知識を早く身に付けるために、ネット上でですが勉強しています。

見たことの無いパーツや聞いたことの無い用語・・・

今日は電源トランスについて勉強しましたが、不思議なパーツですね、トランスって(-。-)
とりあえずトランスは未知の世界なので。。。
電源と出力トランス、全く未知の世界です。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。




 
posted by 絵乃@櫻組 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

取りあえず分解

fender001.jpg
取りあえず、アンプが届いた!!
さっそく分解!!
TL072が4,5個見受けられる。
普通の特に変わったパーツは見受けられません。
「新しい+安価」なので、当たり前か・・・

電源トランスは直接トランスの中から線が出ているので、中を開けたりするのは危険なので、このトランスはゴミ・・・
出力トランス・・・あれ?それらしき物体が無い!!(終了)

まあ、一番欲しかったのが「箱」なので、良しとしよう。
スピーカーは15W8Ω、リバーブユニット、、、
さあ、この後どうしよ〜(〃 ̄〜 ̄)ゞ〜
posted by 絵乃@櫻組 at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

アンプの勉強

自作真空管アンプの製作って結構色々なサイトで紹介されています。
現在勉強中であります。
そういうことで、ジャンクアンプを1つ購入〜!!

「フェンダー Frontman 15R」

0126.jpg
こいつを分解しつつ勉強し、箱を利用して自作の真空管コンボアンプを作ろう!!という魂胆なわけです。
ちなみに落札価格は1,100円です(*^ー^)ノ

最初のお題はこちら。。。
Fenderの初期のギターアンプ、「Champion 600」
参考にしたところはこちら、モロに同じように作りたいと思ってます。

しかし、まだ手元にジャンクアンプも無いし、他にもやりたい事もありますので、アンプ製作はまだ先になりそうです。
製作の前にジャンクアンプで、よ〜く勉強してからですね。
今回は危険を伴いますので、慎重にゆ〜っくりやります。
posted by 絵乃@櫻組 at 09:04| Comment(2) | TrackBack(3) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。