2006年10月30日

DS-830完成

ゴリさんから頂いたプリント基板でDS-830を作っていました。

このレイアウト図は一応「非公開」ということでご了承願います。

基板のパーツ側はこんな感じになります。

61029_2136~01.jpg

一応、ゴリさんの描いてくれたレイアウト図通りに作ってみて、そのあとコンデンサの定数変更などを行い、それっぽい(?)音になったので、完成としました。

こちらの音源は最強に歪ませた状態で、PRSシングルカットSEです。
ハムPUですね。


こちらの音源も最強に歪ませた状態で、ストラトです。
非常に心地良い歪みです。


ともにアンプはマーシャルDSL401のクリーンセッティング。


今回、ゴリさんに頂いた基板との交換条件で、レビューを行うことにしましたので、エフェクターケースに入れたらもうちょっと詳しくレビューします。

やっぱり思いっきり歪ませるとマーシャルっぽいサウンドになってしまいますね・・・っていうかトーンのコントロールが凄く効くので色々な音が作れますよ〜。
このエフェクターはオススメです。
ゴリさんに感謝してます。(*^ー^)ノ~





posted by 絵乃@櫻組 at 11:20| Comment(4) | TrackBack(0) | DS−830 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

製作開始〜

昨夜、バンド練習&食事で、帰宅したのは午後10時半頃、ゴリさんからの封筒が到着してました。
中身は・・・DS−830のプリント基板!!
061026_2238~01.jpg
結構際どいところもあり、自分のハンダ技術ではラインが触れる恐れがあるので、ルーターで削らせてもらいました。
これでも余計にハンダを盛ると隣同士が触れる危険があります。
最小限で確実なハンダ付けが出来ることが前提になるレベルの高い作業が要求されますね〜(*-゛-)ウーン

それと同時にギャレットさんからパーツ到着してました。
3つ分のエフェクターパーツ、抵抗の分別で今日はやめようと思っていたんですが。。。
061027_0051~01.jpg
結局、ここまで作ってしまった・・・

音出しテストは今夜、もしくは土日にやってみようと思います。
ゴリさん、あとで詳しくレポートさせてもらいます(*^-^*)

最近、課題にしているイラストレーター。
ようやくここまでできる様になりました。
約1週間、職場で空き時間を見つけ、作業してました。

ill20061027.jpg
ちなみに画面に映し出されているのは、松美庵さんのFAT BOOST+18V昇圧回路の合体レイアウト図です。
これはバンドのベーシストのために作ろうと思ってます。
posted by 絵乃@櫻組 at 10:35| Comment(2) | TrackBack(0) | DS−830 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。