2008年02月07日

いじる、とにかくいじる

一昨日、昨日、帰宅後〜夜中までずーっとXT-LIVEをいじってました。
なんとか使える音にたどり着くことができました\(^▽^@)

自分もそうですが、マルチをあまり好まない人、コンパクトFX派の人、やはりマルチを使えてないからマルチの印象が悪くなるのではないでしょうか。。。自分はそうでした。
POD XT-LIVEはマルチエフェクターとは違った位置付けです。
やはりPODはアンシミュだと思います。

ただアンプシミュレーターとして使用するのであれば、こいつは凄い簡単で多機能だと思います。

アンプタイプの選択
キャビネットの選択
マイクの選択・マイク位置


この基本の設定にブースターを掛けたり、色々なエフェクターで味付けを行う。

これで最高の音で録音できます。

ただ、ギターアンプから鳴らすのであれば、上記の設定は逆に邪魔になります。

ギターアンプのプリアンプ、PODのプリアンプ、どちらかをパスしないとダブルのプリアンプを通り、ギターアンプのパワー部に送り込まれます。あまり良い結果は出ませんでした。
なのでギターアンプのリターンへの入力が基本となります。
使ったアンプはDSL401。

これでXT-LIVEのプリ部→DSL401のパワー部という構成になります。

XT-LIVEでは出力先の設定が選択できます。
「COMBO POWER AMP」を選択してます。
次に、アンプシミュレーターとしてXT-LIVEの最大の武器である「A.I.R」機能をOFFにする(手動)。
「A.I.R」とはその名の通り、空気感をシミュレートする機能。
アンプから直接音を出すのであれば、邪魔な機能かもしれません。

これでXT-LIVEではシミュレートするアンプのプリアンプ部分のみ有効になっています。

この状態にすることができたのが、夜中の1:00・・・さすがこの時間にアンプを鳴らすのは・・・o( ><)o
でもほんの小さく出してみたんですが、ダイレクト感がコンパクトに似ている。これは良いかも!!
今夜、スタジオです。早く試したい(o⌒∇⌒o)



posted by 絵乃@櫻組 at 09:12| Comment(6) | TrackBack(0) | POD XT-LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デジテックGNX2も同じですね。LINE6のコンボアンプで良いのがあるみたいです。
Posted by えでい at 2008年02月07日 10:17
えでいさん、こんにちは。
GNX2も、同じような感じなんですか〜。
今回これを導入したのは、バンドでクリーン系をやるためです。
歪みは自作FXを超えるものは無いと勝手に思い込んでますので(ヘ_ヘ)
でもどうせ使うのであれば、歪みを含んだすべてにおいてPODに任せたいという気持ちもあります。
まあまだ買って2日なので。。。
今夜スタジオ終わってからは、今度はライン録音対策っす!!

Posted by えーの at 2008年02月07日 12:11
突き詰めていけば必ず使える音があるはずです。きっと。究極を求めないのであればね。GNX2も頑張れば一台でライブが出来ます。ただ設定が面倒くさいので本番で使わないだけです。ちなみにセンドリターンは無いよね〜。
Posted by えでい at 2008年02月07日 14:15
こんにちは。
そうです、突き詰めます!!

XT-LIVEはS/Rがありません。
新しいX3と豆型のPOD-XTにはあるみたいです。
必要ないっすよ!!
POD1台で十分\(^▽^@)
と、言いきれる時は来るのでしょうか・・・
まだライブの予定はありませんが、こいつ1台で頑張りたいと思います!!

GNX2はちょっと分かりませんが、PCで音作りが出来るのって凄く助かります。
特にパッチ名の入力は本体だと、、、大変です。
LINE6凄いな〜と思ったんですが、説明書にちゃんと本物のアンプの説明をしているんですよ。製品名もしっかりそのまんま。
それってちゃんと許可取ってやってるんですよね!?ちょっと心配しちゃいました。

Posted by えーの at 2008年02月07日 14:44
Line6のVettaUと言うアンプは良さそうです。専用フットスイッチを使えばもう何もいらないみたいです。もちろんパソコンともつながります。
もしかしたら欲しいかも。
Posted by えでい at 2008年02月07日 20:23
そのアンプって微妙に値段高いっすよね!!
まあ他に何も入らないのであれば安い買い物かもしれませんが。

またXT−LIVEのレポートをUPしますが、スタジオのプリ部に真空管使っている100Wマーシャルで普通にインプット入力、アンプのプリ部オールゼロ、これでかなり良かったです。
普通にコンパクトのハイゲインFXを繋げて弾いている時と似ていました。
メンバー皆、PODの素晴らしさに感動してましたよ(^・^)
やっぱり凄いな、PODは。
リターン接続、このアンプではちょっとキツイかな・・・って印象です(^_^;)
Posted by えーの at 2008年02月07日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。