2007年08月25日

まずは、音だしOK

070825_1552~01.jpg
バンパーさんのレイアウト図を参考にし、プリント基板で製作しました。
070825_1936~01.jpg
とくにかわったことなく、バンパーさんの配線図を参考に作り、音出しも1発OKでした。
印象としては、0.5Wアンプということですが、練習用アンプとしては使えますし、エフェクターを通しての歪みもなかなか使える!
Gainに10Kを使いましたが、ゲイン全開だと、アンプ単体の歪みも発生するので、結構面白い。
Gain絞ってボリューム上げれば、クリーンのまま音量があがります。

問題はこの先です。
これをどうするか・・・
070825_1602~01.jpg
写真は真空管を仮組してますが、本当に真空管アンプ(プリ)にしちゃうか、このまま使うか・・・
このままでも十分良いし、386の1番8番ピンの技(?)もちょっと試してみたいですし。。。
LM386というアンプ、それ自体全くどういうアンプなのかも分からないし・・・データーシートを眺めている次第です(^_^;)



posted by 絵乃@櫻組 at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 386アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーのさん、こんばんは。
ほんと、バンパーさんの386アンプは良いですよね。音量も家庭練習用なら充分だし、ゲインフルの適度な歪みもバッチリで僕は大・小の2台作りました。
スモーキー(コピーですが)よりも好きな音ですね。
Posted by わらしべ at 2007年08月25日 22:10
わらしべさん、おはようございます。
386アンプ、かなり良いです。小型アンプは1台持っていた方が良いっすね!!
しかも自作なので、色々と考えが膨らみますからね〜(^・^)

スモーキーはどんな音するか分かりませんが、バンパーさんの386アンプの方が良いに決まってる!と、言い聞かせてます。
Posted by えーの at 2007年08月26日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。