2007年08月01日

作り直し開始

自作真空管アンプ「フェンダーチャンプ」の作り直しを昨日から開始しました。

メンテナンス性や今後のMODなどなど、アンプ部分を余裕のある弁当箱ケースに入れる作業です。
シャーシは・・・「リード」というメーカの「P-11」という製品です。サイズは30*70*180なので結構余裕があります。
値段が2,000円!!これは安い!!
ホームセンターで2,500円のアルミ板を買ったんですが、即返品しました。
3,000円〜5,000円は覚悟していたので、凄く良い買い物をしたと思っています。

080801_amp01.jpg
やはり穴あけはキツイですね。
特に6V6と5Y3用の穴は27ミリ穴を開けます。
トランスの四角形もキツイですが・・・
ステップドリルの限界まで円を広げ、そこからはドリルの先をヤスリに変え、ひたすら削る!!

080801_amp02.jpg

今回はゆっくり丁寧に作ることを意識していますので、昨日は電源関連部分をやって終了です。
posted by 絵乃@櫻組 at 08:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作真空管アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤスリって押す時に力入れると能率良いんですよね〜
日本の鋸って引いて切れるでしょ?
でも外国製のは押して切るんです
鉋も日本では引いて削るけど、外国(あれは?ギリシャの鉋だった)のは押して削るんです。
その辺、調べるとまた一考です。
Posted by ゴリ at 2007年08月01日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。