2012年06月14日

6月はレコーディングの季節?

6月も中旬になり、私自身もバンドのレコーディングに取り掛かろうかと、準備を開始してます。

が、周りのバンドさんもレコーディングに入るバンドが多くて...なんで?

我が櫻組(HR/HM系)のレコーディングは私が行います。

ドラムレコーディングが一番初期費用が掛かるところだと思いますが、やっぱりクオリティ高い作品を作りたいので、仕方ないところかと思います。

今度のレコーディングではべリンガーの安物マイクを使ってドラム10chレコを行う予定です。
アマチュアレベルだと、高価なコンデンサを始め、そんなにお金を掛けなくても、結構なクオリティの音源が作れるという事を証明したいです。

レコーディング...

自分で手っ取り早くやるには、MTRですね。
今さら説明はいらないと思いますが、最近のMTRはこれ1台でマスタリング〜ライティングまでやってくれる。
勿論、MTRにはマルチエフェクターが内蔵されてますので、ギターやベースであれば、なかなかのライン録音環境が実現します。

ZOOM R24





これ凄いコストパフォーマンスだ!!
仕様などは上の画像をクリックして確認して下さい。

のちにDAWで説明する予定のオーディオインターフェイスにもなります。
こちらは8トラック同時に使えます。
以前、ZOOM R16というのを持ってました。
そして実際にDAWにてオーディオインターフェイスに使って、ドラムの8トラック同時録音をしました。
しっかり動作してくれましたよ。


こちらはBOSSです。





BOSSもZOOMもアマチュアバンドには強い見方のメーカーですね!!

posted by 絵乃@櫻組 at 01:34| 秋田 ☀| Comment(0) | DTM/DAW関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。