2008年11月29日

音程補正ソフト

簡単なデモCDを作ったりしてます。
ほんと最近はハードのMTRでも結構なクオリティーのCDが出来ちゃったりします。それなりに。

現場録音はハードのMTRで、それを自宅のPCに取り込んで作業をしていますが、気になっているソフトがあります。

Melodyne Uno

音程補正ソフトです。
これのデモを見て驚きました。
音声データがまるでMIDIデータを扱っているかのように、直感的なピアノロールで操作できちゃう。
1トラックしか編集出来ないバージョンがMelodyne Unoとなります。
が、多少面倒になるかと思いますが、1トラックでも十分。

uno.jpg

是非とも我がDAW環境に導入したいソフトです。



posted by 絵乃@櫻組 at 22:43| Comment(7) | TrackBack(0) | DTM/DAW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
これ発表された時はビックリしました^^
すげ〜、こんな事もできるんだ!って思いました。

デモでは和音もばらせたりしていませんでしたっけ?
Posted by ふじ at 2008年12月01日 00:04
ふじさん、ご無沙汰してました。

そうです、これのデモでは和音も対応してました。
ギターのコードを見事に分解しちゃってましたよ。
その後の編集、簡単な操作で、出来上がった音は凄い自然な仕上がり。

ボーカル以外にも音程がある楽器(全部か…)に使えますよね。
定価で10万円でしたよ、やはり高い…
UNOで我慢(;_;)
Posted by えーの at 2008年12月01日 00:35
便利です。非常に。

特にポリフォニック対応になってから作った曲を一パートづつ手作業で採譜しなくて済むようになりましたのでとても重宝しています。

お勧めです。
Posted by oyaji at 2008年12月01日 06:56
oyajiさん、おはようございます。
やはりお勧めのソフトですか。
既に使ってるんですね。これは買うしかない?!
Posted by えーの at 2008年12月01日 07:59
自分で作ったり弾いたりしたのは採譜が簡単ですが、他の音楽屋を動員した場合、面倒なので(笑)
また、時間がないときは修正しちゃったりして(爆)
歌用ならAntares Auto-Tuneという定番があります。

また、MELODYNE STUDIOの方はお値段との相談ですが、UNOを買うよりもPlug-Inの方がいいでしょう。
Melodyneの直営ウェブショップで値段を調べてみては?ダウンロード版が御買得かもしれません。
Posted by オヤジ at 2008年12月01日 17:53
オヤジさん、こんばんは。
Plug-inのお試し版をやってみました。
凄く使いやすい印象です。作業の時間規制と定期的なビープ音が入りますが・・・
自分は完全に歌用として使いたいので、
Antares Auto-Tuneも調べてみます。
貴重な情報ありがとうございます。
Posted by えーの at 2008年12月01日 22:34
はじめまして玄米ちゃんと申します。これすごいソフトですね。ほしいなー・・・事後報告で申し訳ありませんが、お気に入り登録させていただきました。
Posted by 玄米ちゃん at 2008年12月04日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。