2008年06月10日

気に入った音になった〜

ちょっと前に作ったMI AUDIO CRUNCH DISTですが、個人的に音が太すぎるような気がしてまして、なんとかならないものかと、ちょっといじってまして、ようやく自分好みのDISTになりました。

松美庵さんの書いた回路図でいうC5(電解の0.22u)、ここが音に結構影響するので、この値を色々と変えてみました。
0.1uのセラミックが自分好みのサウンドになってくれました。
以前、シュレッドマスターでオールセラコン仕様をやったときに、ザクザクして抜けの良いサウンドなったのを思い出し、セラコンを試してみました。
どうでも良いサンプル音源を録音しました(/'O';)

00:55まではEMG81(リア)搭載のヘルレイザー、以降はストラトにディマジオSuperDistortion(リア)が基本となります。
録音環境はMarshall DSL401にZoomH2で録音。
PC内では全く音を処理してません。
エフェクターのツマミは、VOL=9時 Tone=3時 DIST=3時 です。

01:16からはストラトの純正フロントピックアップですが、かなり好みな音です。演奏の方は・・・(^ー^;


posted by 絵乃@櫻組 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | MI audio CRUNCH BOX DIST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわん。
いい感じの音ですね。
C5の値のMOD参考にさせてもらいますね!

最近VOXのBIG BENばかり使用していたんですが、自作CRUNCH DISTも久々に弾いてみたくなりました。
Posted by なよっし at 2008年06月10日 23:10
なよっしさん、こんばんは。
C5の値だけの変更でガラっと変わりますので、自分好みの定数を見つけてください。
でも、オリジナルのCRUNH DISTからかけ離れていっちゃいますが・・・
Posted by えーの at 2008年06月11日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。