2009年02月10日

使える!TAPCO BLEND6

自分が使用しているDTM/DAW用のミキサーは、
TAPCOのBLEND6です。詳細はこちらです。
今はちょっと値段が上がってしまいましたが、買った当時は1万円弱でした。

今回、SONYのヘッドフォンを購入したということで、出来るだけ原音に近い音が欲しい。
ということで色々考えていた結果、意外な発見がありました。

haisenzu20090209.jpg
この絵の上の図が、前までの配線です。
下が今回試みた配線です。

まず、ヘッドフォンの接続場所。
上の図は最終出力のべリンガーのモニターのヘッドフォン端子への接続となります。
ギターの音をモニターするには、ミキサーを通り、モニターのヘッドフォンアンプ部分を通り、耳に到達する。
MIDI音源のMU80も同様です。

下の場合は、すべてがミキサーのヘッドフォンアンプ部分からの出力になります。

なので、下の図の配線を採用。

問題になるのが、ミキサーの出力が再度ミキサーに戻ってくる事。
ループしないような接続方法はないものか・・・

説明書を眺めていたら、しっかり出来ました。
最初に書いた商品詳細のページ内に配線図が掲載されてました。
これで私のDAW環境はグレードアップ!?
ちょっと嬉しい機能で、モニターを鳴らしながらヘッドフォンで音を確認出来ること、前まではその度にヘッドフォン端子に挿したり抜いたり・・・でしたので、、、
posted by 絵乃@櫻組 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(0) | DTM/DAW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。