2009年02月22日

続、KRANK DISTORTUS MAXIMUS

地元のパーツ屋さんで、パーツだけ買ってみました。
ユニバーサル基板、ちょっと時間があるから、作ってみようか、、、

完成(⌒-⌒;

各ツマミもしっかり機能します(*^v^*)
一発完成、しかもユニバーサル!!

・・・そんな甘いわけありません。。。

歪が明らかに少ない・・・
GAIN全開で、ようやくディストーションかな?と思うほどです。
このエフェクターはメタル志向の人向きなんだろう?
こんなエフェクターなワケ無いです。

回路図見ても良く分からない・・・
誰か教えて〜o(><)O
posted by 絵乃@櫻組 at 21:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 自作エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

KRANK KRANK DISTORTUS MAXIMUS

久々の自作エフェクターネタです。

タイトルの通り、KRANK DISTORTUS MAXIMUSの自作を考えてます。

たまたまフジゲンのHPを見ていたら、こいつを発見。
ここです。
サンプルも聴けます。

WEB検索して回路図発見。
Krank Distortus Maximus.jpg
PCBも発見。
でもユニバーサルで作りたいので、回路図からユニバーサル用レイアウトを作成。
Krank001.jpg
図のAとかBか自分用に書いた記号です。

結構単純な回路図なので、かなり小さく収まりそうです。

さて、問題は、いつ作るか・・・

posted by 絵乃@櫻組 at 11:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 自作エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ヘッドフォン効果!!

先日買ったSONYのヘッドフォンを使って色々と試しています。

まずこのSONY MDR−CD900のストレートな印象を。
まず、噂どおり低音が弱く感じます。
中高音域がハッキリと聞こえます。
これが第一印象。

観賞用のヘッドフォンとしては、ちょっと低音が物足りないな〜というのが正直なところです。

でも、目的はミキシング。このヘッドフォンでミキシングがどのように変わるか。。。

前にミキシングした曲をSONARで開いてみる。
聞こえる聞こえる全部のパートがクリアーに聞こえる。
確かに低音は弱いです。
でも全体がその分よく聞こえるので、ミキシングのバランスがとてもやりやすくなります。
出来上がった音源をカーコンポにて視聴してみましたが、過去最高に良い音源が出来ました。
良く考えれば、カーコンポも自宅のコンポもイコライザで低音を強調するセッティングにしてますから、出来上がった音源CDもしっかりと低音が出ているんですよね。
そういうことで、この買い物は正解だったと言うことになります。

posted by 絵乃@櫻組 at 20:40| Comment(3) | TrackBack(0) | DTM/DAW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ワ・イ・ヤ・レ・ス

欲しい。

最近のは音が細くなるとか、そんな心配はいらないのだろうか?

どうして必要となったか、、、
ライブで最近は動くようになりました。
以前はほとんど動かなかったんですが、動いた方が楽しいので。
しかも狭いステージであればあるほど、シールドが邪魔になってしまいます。。。
ちょっと余裕があったらワイヤレス導入してみようかと企んでます。
posted by 絵乃@櫻組 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター、バンド活動、音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

使える!TAPCO BLEND6

自分が使用しているDTM/DAW用のミキサーは、
TAPCOのBLEND6です。詳細はこちらです。
今はちょっと値段が上がってしまいましたが、買った当時は1万円弱でした。

今回、SONYのヘッドフォンを購入したということで、出来るだけ原音に近い音が欲しい。
ということで色々考えていた結果、意外な発見がありました。

haisenzu20090209.jpg
この絵の上の図が、前までの配線です。
下が今回試みた配線です。

まず、ヘッドフォンの接続場所。
上の図は最終出力のべリンガーのモニターのヘッドフォン端子への接続となります。
ギターの音をモニターするには、ミキサーを通り、モニターのヘッドフォンアンプ部分を通り、耳に到達する。
MIDI音源のMU80も同様です。

下の場合は、すべてがミキサーのヘッドフォンアンプ部分からの出力になります。

なので、下の図の配線を採用。

問題になるのが、ミキサーの出力が再度ミキサーに戻ってくる事。
ループしないような接続方法はないものか・・・

説明書を眺めていたら、しっかり出来ました。
最初に書いた商品詳細のページ内に配線図が掲載されてました。
これで私のDAW環境はグレードアップ!?
ちょっと嬉しい機能で、モニターを鳴らしながらヘッドフォンで音を確認出来ること、前まではその度にヘッドフォン端子に挿したり抜いたり・・・でしたので、、、
posted by 絵乃@櫻組 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(0) | DTM/DAW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ヘッドフォンとミキサー

オヤジさんオススメのヘッドフォン、当然私の行き付けの楽器屋にあるはず無いので、注文しようと思ったんですが、、、
ヘッドフォンコーナーのど真ん中にSONYのMDR−CD900、買ってしまった(ヘ_ヘ)
sony_mdrcd900st.jpg
痛かったです。ほぼ割引ゼロの状態だったから(;へ:)

さっそく、自宅にてウキウキしながら視聴・・・
・・・今までのと全然違う!!何もかも違う!!
音量も当然違うけど、フラットな特性で過剰な低音などもなく、ミックスし易い。という印象です。

さて、それはさておき、DAW環境で今まで気づかなかった事を発見しました。
1万円ちょっとの安いミキサー「TAPCO BLEND 6」私のようにお手軽DAW環境を整えたい人に適したミキサーだと思います。
図にして説明したいと思います。次のUPで。

posted by 絵乃@櫻組 at 09:01| Comment(6) | TrackBack(0) | DTM/DAW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。