2008年04月01日

ピックアップの抵抗値

えでいさん、調べてみました。

エピフォンに元々付いていたピックアップ。
リア、フロントとmエピフォンのオリジナルです。

リア:HOTHB8B [13.76KΩ]
フロント:HB6N [8.66KΩ]

そして気になる謎のピックアップ・・・

リア:Duncan/Ibanez HB103B [16.20kΩ]
フロント:Grover Jackson J-50BC [8.27kΩ]

という計測結果です。
やはりリアに関しては大きく抵抗値が違います。
フロントはそんなに変わらないんですね・・・

コイル、マグネットなど色んな要素が加わってピックアップのキャラが決まってくると思うので、抵抗値の高低だけではなんとも言えないところもありますが、実際にギターに搭載して弾いてみた感じでは、抵抗値が高い方がHR/HMに向いているという事は確かなようです。
ビンテージPUだと抵抗値がきっと凄く小さいのでしょうね。
なんとなくピックアップについて勉強できた一時でした(^・^)


posted by 絵乃@櫻組 at 00:03| Comment(8) | TrackBack(0) | エピフォン レスポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。